サルでも書けるブログ教室

タイトルに教室とありますがブログの書き方を教える訳ではありません。むしろ私が教わりたいくらいです

赤ちゃんと飛行機と私

どーもこんにちは

友人の結婚式に出席する為に、東京まで10ヶ月の息子と奥さんと家族3人で飛行機に乘って行ってきました。

f:id:kaishounasi:20161224215220p:plain

      (画像はただのクソゲーです)

 

          

 

 飛行機がこれで2回目となる、マイサン。

 

 

 

1回目は6ヶ月の時に乘ったのですが、ミルクを飲んでスヤスヤとそれはそれは穏やかなものでした。

 

ですが今回は話が違います。月日が経つごとに徐々に昼寝の時間が短くなっており、ミルクを飲む量も減っている。これは機内で寝ない可能性あるなぁと夫婦で心配しておりました。

 

とりあえず搭乗手続きをすると、さらに不安に輪をかける事が。

f:id:kaishounasi:20161225001632p:plain

なんと混雑の為席がバラバラにしか取れないと言うではないですか。早めに飛行場に来て座席を決めれば良かったと後悔するも後の祭り。

 

飛行中、息子の面倒を奥さんが一人で看なくてはならないという事態に。しかも機内はみたところ搭乗率100%「これはまずい」、ビシビシ嫌な予感がします。

f:id:kaishounasi:20161225001738p:plain

 

 

 

 

機体が離陸態勢に入った頃でしょうか

 

 

「おぎゃ~」

f:id:kaishounasi:20161225002525p:plain

 

はい、やはり泣き出しました。息子が泣いているのも心配ですが、周りの人に本当申し訳ない気持ちでいっぱいでした。「乗せなきゃいいじゃん」って意見もたまにネットで見かけますが、そういう訳にもいかないんです。「どうか何卒勘弁してください」としか言えません。

 

 

 

機体が上空で安定し、ベルトを外しても良い状態になってもしばらく泣声が聞こえてきました。遠くから見守る事しかできずにソワソワしていると急にピタっと泣き声が止み、「あぁ良かった」と安心すると同時に、前日から仕事でほとんど寝ていなかった私は深い眠りに落ちました。

f:id:kaishounasi:20161225002838p:plain

 

どれくらい時間が経ったでしょう、気づくと機体は着陸準備に入っていました。

 

 

着陸後、何故泣き止んだのか聞くと、もうどうしようもなかったので授乳したと聞き、本当申し訳なかったです。何もできなくてもせめて隣にいてあげたかった。

これから飛行機乗るときは、早めに空港に行き余裕を持って座席の確保をしたいと思いました。