サルでも書けるブログ教室

タイトルに教室とありますがブログの書き方を教える訳ではありません。むしろ私が教わりたいくらいです

《将棋ソフト使用疑惑は不正なし》三浦弘行九段 記者会見 質疑応答③

f:id:kaishounasi:20170105223753p:plain

質疑応答最終回です

毎日新聞

上州将棋まつりについて、3日・4日とどの様に三浦九段が出席される予定だったのか把握していないのですけれども、イベントについてどのように考えているのでしょうか?

 

三浦九段

これは元々こういった騒動が起こる前から依頼されていたので、それは出場停止処分明けの事なので当然出演出来るものだと思っていました。私の地元でもあるので、ファンの方と交流をするのが私の望みだったのですけど、私の承諾無く出演者の変更をされていたという事です。

 

では今ご出席したいという気持ちは変わらないけれども物理的に無理だということですね?

 

三浦九段

1月3日と4日の話ですね?はい勿論です。

 

共同通信

第三者委員会の事情聴取について改めてお伺いしたいと思います。ソフトの利用状況について細かく聞かれたと思いますけど、どういうやりとりをされましたか?

 

横張弁護士

ソフトの利用状況、電子機器の事かなと思うんですけど、電子機器につきましては三浦さんが元々使っていたスマートホン、ノートパソコンと使っていなかった古いノートパソコンと、デスクトップPCの新しい物と古い物、全てを第三者委員会に提出し、解析会社のほうに委託してスマートホンの中のソフトの消したものは無いかも含め全て調査をしております。それ以外にも奥さんのスマートホン、ノートPC、デスクトップPCも提出してPC、スマートホンの中に入っているソフト、もしくは第三者とのやり取りは無いかメールの内容、リモートコントロールまですべてチェックしてあらゆる調査出来る面から調べ、対局中にそれらを使用した痕跡が全くないという結論を得ています。

 

事情聴取中に履歴が無かったという事も含めて委員会のほうから三浦さんへ聴かれているのでしょうか?三浦さんにお答えいただいてもいいですか?

 

横張弁護士

私の方が詳しいので私がお答えします。この件に関しましては、機器を渡して第三者委員会と解析会社の間だけでやり取りをされるとですね、不正をされると疑うわけではないですが訳のわからない情報が出てきた場合、それについて「こういうことですよ」とか「これを調べて下さい」等言えた方がこちらとしては問題ないのかなと思っていました。三浦さんのスマートホン、PC4台は渡していましたので、残り奥さんのPCとスマートホンを渡す条件として解析会社と連盟のやりとりを全てこちら側に開示して欲しい、それでなければ渡せないという事を了承してもらい渡しました。ですので第三者委員と解析会社のやり取りはこちらで全て把握できていましたので、その様な結果であると認識できる状況でした。

 

調査委員会の方も不正は無いという心象を持たれたと思うのですけども、そういう事が思い当たるようなやり取りや状況を三浦さんの言葉で聞きたいと思います。

 

三浦九段

どういったやり取りというのは詳しくは言えないんですけれども、不正があるものとして前提として質問してくるのですけれど、横張先生も同席して頂き一つ一つ潰して行って徐々に「まずやっていないだろう」という印象を持って頂けたと思います。最終的な決め手としてはそもそも疑惑が無かったとか理事が見張っていたとか解析結果が全く問題なかったという事でそういう風に思っていただけた気はしました。

 

日刊スポーツ

名誉棄損ということで、前代未聞の事なのでどの程度のものなのか、他の事で例えると「この位のものである」というのを横張弁護士にお聞きしたいです

 

横張弁護士

ちょっとですね、思い当たらないのですけども。一般の将棋をあまり詳しくない方の話を聞くとですね、三浦さんをクロだと思っているんですよね。「将棋ソフトで指した人でしょ」と皆認識しておりまして、今回の第三者委員会の発表もクロだと思っている人も観ているかもしれないですけど、観てない人もいっぱいいると思うんですよね。そういった意味では完全には「ソフトを使った棋士だ」という認識を世間から消すことは難しい事案なんだという事は認識しております。

 

群馬上毛新聞

冒頭でもありましたが年明け三日四日のイベントは残念ながら出演が叶わないという事でしたけど、三浦さんは地元高崎市出身でファンとの触れ合いとかそういった事を非常に大事にしている印象ですけども、今回の件を受けて子供をはじめ多くの群馬県民の皆さまが心配しております。そういった方々へのメッセージを何か頂けたらと思います。

 

三浦九段

地元の方には接触する方が多く、かなりの方から信じて頂いておりまして悔しい思いをさせていただろうなと思いますので、そういった点は本当に申し訳なく思っています。

 

復帰を目指していると思いますが県民に元気を与えられる活躍を目指して行くという事でよろしいでしょうか?

 

三浦九段

はい、勿論です。もう頑張るしかないんで、はい。

 

産経新聞

記者会見を騒動が発覚した直後にした方がクロと思う人が少なかったのかな?という気がするんですけども、そういうお考えは無かったですかね?

 

横張弁護士

あの~、実際開いていないので実際どの様な反応になったかは解らないのです。現在第三者委員会が入って「不正をした痕跡は認められませんでした」という発表があったからこのような会見を開いても信じてもらえるだろうなと思うのですけども、当時は疑われていた訳ですし、それを覆す解析調査の結果も手元にありませんでした。おそらく記者会見を開いても疑惑というのは消え去らずに、悪い方向に動いてしまう可能性もあると思っておりましたので会見を開く事は控えておりました。

 

毎日新聞

第三者委員会の調査で不正が無かったという方の調査はきちんとやったと受け止めていらっしゃって、処分の妥当性の結論だけは納得できないと、第三者委員会に対するスタンスということでよろしいでしょうか?

 

横張弁護士

結論から行くとそうなります。これは個人的な感想・印象なのですけども、第三者委員会はですね基本的に三浦さんをシロだと思って調査を進めていたわけではなく、まあ勿論シロかクロか解らないという状況だったのかもしれませんが、感覚的に「クロじゃないか?」と「どこか何かあるんじゃないか?」とあらゆる点から調べてきてあらゆる事を聴いてきたという状況でした。こちらとしてもシロになる為に協力することは全然問題の無い事ですので、あらゆる事に回答して、提出してという事をしてきましたので、そういう意味で不正が無かったという方の調査はほぼ万全ではないかなと思います。

処分の妥当性については先ほど申し上げた通りです。

 

 

 

以上で質疑応答終了です。

 

はあ、長かった(笑)

 今までの記事です⇩⇩⇩

 

 

 

 

kaishounasi.hatenablog.com