読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サルでも書けるブログ教室

タイトルに教室とありますがブログの書き方を教える訳ではありません。むしろ私が教わりたいくらいです

これからドラムを始めたいと思っている方へ

ドラマー 洋楽

学生の頃に「ドラムが叩きたい」と思いつきで始めたのが運の尽き、現在に至るまで人生において重要な時間と労力をバンドに捧げボロ雑巾になり果てた私ですが、決してバンドやっていた事を後悔したり、今の自分を恥じたりはしていません。

f:id:kaishounasi:20170218030023p:plain

やはり音楽は楽しいです。聴くのもですが、自分で演奏出来るとなると更に何倍も楽しいと思います。そこで今日は、音もうるさいし初心者には敷居が高そうなドラムを選ぶメリットから具体的にドラムを始める方法を紹介したいと思います。

 

メリット

  1. 何も要らない
  2. プレイヤー人口が少ない
  3. どこでも何時でも練習出来る
  4. 準備資金がいらない
  5. Youtubeという最強の先生がいる
  6. 音感が必要ない
  7. 脳の刺激になる
  8. 程よい運動になる

 

1何も要らない

「そんな馬鹿な」なんて思うかもしれませんが、始めるに当たって目の前にある全ての物がドラムセットになるし、割りばしだって立派なスティックになります。貴方の太ももだって叩けば立派なドラムセットです。これはギターやベースでは無理です。

www.youtube.com

 

2プレイヤー人口が少ない

何故かドラマーの数はギタリストやベーシストに比べて圧倒的に少ないです。やはりドラムが「目立たない」とか「難しそう」というのが原因だと思われますが、いざバンドを始める時にメンバー募集してるパートが一番多いのがドラムです。これは正に引く手あまた!より取り見取り!引っ張りダコ状態です。知り合いで8つバンドを掛け持ちしているというドラマーもいました。

  f:id:kaishounasi:20170217234325p:plain

「たま」のドラムの石川浩司さんとても独創的なドラムセットです

 

3どこでも何時でも練習できる

スティックがあれば、音を鳴らさなくても軽く握って素振りするだけで練習になります。極端にいえばスティックが無くても手でスティックを握る感覚を真似れば十分練習になります。イヤホンで好きな曲を聴きながら、軽く手を握るだけでいいのです。練習用のパッドを使うのがかなり効果的だと思います。メッシュ製のパッドは殆ど音が鳴らないので近所迷惑にもなりません。私は高校の頃週刊少年ジャンプ等厚みのある雑誌を積み重ねて叩いたりしてました(笑)

 

4準備資金がいらない

家にドラムセットを置く必要は一切ありません。練習スタジオにはドラムセットが常備されているので、初期投資はスティックとチューニングキーが有れば全く問題ないでしょう。ただし長期的な目でみるとギターのピック1つ100円に比べてスティックはセットで500~1000円、高価なものだと5000円位するものもあります。これが消耗品ですので結構響いてきます。

以前カーボンのスティックは丈夫だからとお店で勧められて使ってみたら10分で折ってしまい泣けました(1セット2000円です…)。

 

Youtubeという最強の先生がいる

私が若い頃はインターネットという物が無かった時代ですので、「バンドやろうぜ」とか「ドラムマガジン」や教則本が先生でしたが、読んで理解するのに一苦労。それに比べて今だったら「ドラム 初心者」「ドラム 練習」とかグーグルで検索すれば死ぬほど動画が出てきます。その中から自分に合った講師を見つけて何度も視聴したらすぐに上達するでしょう。 

f:id:kaishounasi:20170218004313p:plain

  まだお笑い界に入る前の真也先生がどれかわかりますか?w

 

6音感が必要ない

音痴でもドラムは叩けます。音階を覚える必要はありません。リズム感を養うのは日々の反復練習です。最近「天才は存在しない、練習量が全てだ、まず10000時間練習するんだ」という本をよく見かけますが、本当にその通りだと思います。地道な練習こそ上達の近道です。

 f:id:kaishounasi:20170218025418p:plain

 

7脳の刺激になる

認知症には音楽療法というものがあるのですが、最近の研究では楽器を演奏している人はあまりしない人と比べ最大で76%認知症の発症リスクが低かったという論文が発表されています。確かに認知症予防の運動等で、「空中に右手を上下に動かしながら、左手は四角を書いてください」みたいなものがあります(右手と左手で違う動きをする)

ドラムを叩く時、正にそんな事をずっとしなくてはいけません(笑)。

 

8程よい運動になる

ドラムというのは体全体を使用する為、結構な運動量になります。ジャンルによってはアスリートの様な体力を求められるものもあります。以前一緒にライヴをしたスラッシュメタルのドラマーの方は「ドラムの為に酒と煙草を止め、毎日ジョギングをしている」なんて話をしていました。なんてストイックなんでしょう(笑)ここまでする必要は全く無いと思いますが、自分の体力に合ったドラムを叩いてみては如何でしょうか。 

www.youtube.com

    ※スレイヤーと対バンした訳ではありませんwイメージ動画です

 

最後に

まず「ドラムを始めよう!」と思ったら安いスティック(5Aというサイズがお勧めです)を手に入れyoutubeのドラム初心者講座を観て、8ビートを練習して自分の好きな曲に合わせて太ももでも何でも叩いてみましょう。たったそれだけで演奏する楽しさを感じて頂けると思います。

それから「もっと叩いてみたい!」と思う様でしたら、近場のスタジオを調べて個人練習に入る事をお勧めします。個人練習の相場は大体1時間500円で前日から予約できる所が多いです。

そこで大音量で好きな曲をかけてそれに合わせてドラムを叩きましょう。お勧め曲はやっぱりオアシスのスーパーソニックです。4分ある曲中でフィルイン(おかず)が一切ありません。初めてドラムを叩く方が演奏を楽しむには持って来いだと思います。

 

kaishounasi.hatenablog.com

 

www.youtube.com

 

以上、長々と読んで頂き有難うございました。

 

kaishounasi.hatenablog.com