サルでも書けるブログ教室

タイトルに教室とありますがブログの書き方を教える訳ではありません。むしろ私が教わりたいくらいです

学生時代の友人がほとんどいなくなった理由

プロフィール欄には書いてありますが、私は中学、高校の同級生とはほぼ連絡を取っていません、断絶しました。

f:id:kaishounasi:20170309235430p:plain

 

これは個人的な考えですが、学校というのは家が近くて学力が同じくらいと言う理由だけで自分の意思とは関係なく偶然そこに集められたというだけです。中には「出会いは必然」なんてめでたい方もいるかもしれませんが、私は全くそんな風には思えません。そこに自分と気が合う人がいなくても何ら不思議ではないと今は自信を持って言えます。社会という物は、自分の好きな人だけで成り立っている訳ではなく、色々な人と上手く折り合いをつけて生活しなくてはいけません。そういった意味で「学校」とは社会に出る前の練習の場所と考えてもいいかもしれません。なので今学校生活が上手く出来なくて悩んでいる人は、全く気にしなくていいと思います。社会に出て自分の好きなように動けるようになってからが勝負です。それまで自分の好きな事に磨きをかけることの方がよっぽど有意義だと思います。

f:id:kaishounasi:20170309235939p:plain

 

私はいじめに合っていたとか、友達もいない暗い青春を過ごしたわけではありません。普通に友人もいたし、彼女もいたりしてそれなりに楽しいスクールライフを楽しんでいました。しかしその分ずっと感じていた違和感を自分でも誤魔化していたのかもしれません。

f:id:kaishounasi:20170310000152p:plain

20代の頃迄は同級生とちょくちょく会ってどこかに出かけたり飲みにいったりしていましたが、会うたびに「地元が最高で俺たちの青春も最高で」という思い出話の繰り返し。別にこれが悪い事とは思いませんが、段々つまらなく思えてきて声を掛けられても断るようになりました。

f:id:kaishounasi:20170310000901p:plain

 

友人関係を切る一番のきっかけとなった苦い思い出があります。

いつもの様に、「この日飲もうよ、空けといてね」と友人から一本の電話。大体こういう電話があると時間を合わせて私が地元に戻っていました。

当時私は笹塚に住んでいて、地元は笹塚から電車で約1時間位の郊外にありました。

地元に着くと友人が車で迎えに来ました。飲みに行くのに車って変だなと思ったのですが、乗り込むと既に他の友人が乗っていました。そこで安心してしまったのですが、車が走り出し行先が気になり「どこ向かってるの?」と尋ねても「まあまあ、着いてからのお楽しみで」なんて軽く流されてしまいます。

そうこうしているうちに、車は郊外からさらに離れた所にある一軒のビルに到着。とても居酒屋なんてある雰囲気ではありません。ビルに入りエレベーターで上へ、案内されて部屋に入ると奥の方がかなりざわついています。奥に進むと20~30畳程の広間になっており、そこには会った事も見たことも無い人達が大勢座っていました。座っているといっても椅子も無く床に直接座らされているといった雑な扱いです。私たちも後ろの方の空いてるスペースに座らされました。今思い出してもエスポワールに乗せられた気分です。 

f:id:kaishounasi:20170310001014p:plain

周りを見渡すと前面には大きなホワイトボード、壁際にはスーツを着て不気味な笑顔を浮かべる男女が10人ぐらい立っていました。

 

しばらく待っていると、いきなり前に講師のような人が出てきて一生懸命何かを説明していました。いきなり過ぎて私は何が何だか?という状態でポカーンとしていました。その説明の要所で周りに立っているスーツの連中がわざとらしい位大きい拍手を連発。講師の授業を演出する効果音なのでしょうか。そのわざとらしさといったら「バカ殿」のコント中に入っている笑いの効果音のようでした。一言でいうと

 

気持ち悪っ!

 f:id:kaishounasi:20170310001120p:plain

何の会社だったかは忘れましたが、そこは完全にマルチ商法の説明会でした。今思い出しても、頭がおかしいとしか思えません。人を騙し大勢を集め、洗脳まがいの講義。周りを見ても、誰も何も言わず割と真面目に話を聞いていました。隣の友人ですら何も言いません。私は気持ち悪さがマックス値を超えてしまい、講義中いきなり立ち上がり友人に帰るから送ってくれと伝えました。焦る友人とざわつく幹部ぽい連中。

 

 

この時点で何故か

 

「静かに講義を聴いている人達のなかで駄々をこね帰りたがっている空気が読めない私」

 

という構図になっていました。

イヤイヤwちょっとまて!いきなり拉致されて、訳のわからない物を売りつけようとされているこの状況で、何故大人しく話を聞く必要があるんですか?十分社会勉強になったから帰りましょうよ。空気なんて読む必要ありませんてwなんて思っているのは私だけに見えました。大衆心理ってやつでしょうかね?今思い出しても腹立たしい+気持ち悪い。

f:id:kaishounasi:20170310001404p:plain

ごね続けた結果友人と私は送ってもらえる事になりましたが、私は怒りがおさまりません。

www.youtube.com

ブログを書き始めてこの動画貼るの既に3回目です(笑)

 

 

何が言いたかったかと言うと、「人間=クソ」

 

ではなくて「右へならえ」し続ける必要はないという事です。自分が正しい、楽しいと思える道に進みましょう。自分が全員を好きじゃないように、自分も全員からは好かれません。大衆心理に飲み込まれずマイノリティーでいいんです、必ず味方はいます。

 

 

kaishounasi.hatenablog.com 

kaishounasi.hatenablog.com