読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サルでも書けるブログ教室

タイトルに教室とありますがブログの書き方を教える訳ではありません。むしろ私が教わりたいくらいです

「夢はメジャーデビューしてバンドで食べて行く事です!」なんて目にすると「バンドなんて止めちまえ」思ってしまう

よく「夢はバンドで食べて行く」とか「メジャーデビューを目標に」なんて話を聞きますが、そんなのを目にする度に「音楽なんか止めちまえ」と思ってしまいます。

 f:id:kaishounasi:20170327122659p:plain

 

それって要するに「売れるか売れないか」という商人の視点であり、ものづくりをする人間の思考ではないと思うからです。流行りの物を取り入れ、ダサいとされる事を排除する作業に集中して、どっからか曲をパクってきては我が物顔で歌う。そんな事をしていて良い物が作れるはずありません。 

f:id:kaishounasi:20170327122802p:plain

宇多田ヒカル椎名林檎がヒットした時、出るわ出るわ量産型宇多田と林檎の数々。売れそうな物を世に出すという考えはレコード会社的には正解だと思いますが、バンドや歌手がそれに乗っかろうとして動く事は滑稽だし上手くいくとは思えません。 

f:id:kaishounasi:20170327122903p:plain

 

バンドをやっていると「売れるためにはまずライブに人を集めろ」みたいな風潮があり、その為に音楽に興味のない友人を誘ったり、ライブ前には電話やメールで告知し人を集めて、如何にも「盛り上がってます」といった空気を作ることに必死になったりします。これって宗教やマルチ商法の勧誘と一緒で一種の「扇動」ではないでしょうか?はてなブログで例えるならアカウントを沢山作りはてブを自演して凄い読まれている記事みたいに装う、一種の詐欺ですよねこれ(笑) 

f:id:kaishounasi:20170327123736p:plain

 

なんていきり立って書き始めましたが、売れっ子ではない私が言うとただの「ひがんでいる負け犬のクズ」になってしまう訳です。今日はそんな負け犬のクズが健全にバンドを続けて行く心構えをタラタラ書き綴りたいと思います。

 

 

取りあえずバンドをする為に必要な物ってなんでしょう?

 

 

まずいきなり高いハードルがそびえ立ちます、「メンバー」です。気の合う仲間ですね。これが本当に難しい、気が合わなくても仕事と(たとえお金が発生しなくても)割り切る事も大切かもしれません。インターネットでメンバー募集サイトが結構あるのでそれを利用しても良いと思います。実際私が今在籍しているバンドは募集サイトで見つけました。

 f:id:kaishounasi:20170327124056p:plain

そして楽器でしょうか。ボイスパーカッションのバンドなら要らないかもしれませんが、やっぱりそれでもマイク位は欲しいですよね。世間一般にバンドといったら「ギター」「ベース」「ドラム」「ヴォーカル」といった所でしょうか?最低でも3つの楽器と3人は欲しいですね。

 

メンバーや楽器が揃っても曲が無いと始まりません、人の曲でも良いので何か課題曲が必要ですね。しかし個人的な意見としては、どんなに下手でも良いので自分で作った曲を演奏することをお勧めします。何故かというと、何もない所から何かを生み出す作業こそがバンドの醍醐味であり、自分で考え試行錯誤し創造した物にこそ価値があると私は思っているからです。

よく歌手やバンドは「アーティスト」なんてカテゴライズされますが、この括りに私はとても違和感がありました。芸術に身を捧げ、その道を極めた人間国宝や、オーケストラだったらヨーロッパの有名管弦楽団コンマスだったりが「アーティスト」に相応しいと思うのですが、最近は安売りしすぎでその辺にいるアイドルまでアーティストですからね。私は脚立に上って天井にYESって書いてあってもアーティストなんて認めません(笑)バンドで演奏する中で大切なのは創造することで、クリエーターという言葉が一番しっくりくると私は考えています。 

f:id:kaishounasi:20170327124723p:plain

 

さて、話が脱線しましたが、バンド活動する為にはまだ問題が残っています。

 

 

人と楽器が揃ったら今度は「音を出す場所」が必要です。都内のマンションなんかでドラムを叩いた日にはお巡りさんが家にやってくるでしょう。ある程度栄えている都市なら「リハーサルスタジオ」というドラムセット、ギターアンプ、ベースアンプ、マイク等バンドに必要な物が置いてある「カラオケボックス」の様な防音設備の整った時間貸しの施設があるはずです。相場は地方によって違うでしょうが大体2時間で3~4000円でしょうか、4人で割ると1000円位です。朝だと安かったり、パック料金なんかもあります。一人か二人で練習するなら個人練習というシステムがお得です。大体前日か当日予約のみですが1時間500円位で利用出来ます。

 

 

 

そして最後に最大の壁があります。

 

 

それは「暇」です。

 

 暇は自分で作るものだなんて誰かが言っているみたいですが、メンバー全員の予定を合わせてスタジオに毎週入ったり、曲を覚えたりアレンジを考えたり、楽器の練習をしたりかなり大変です。私が一番ライブをしていた頃は、月に4~5本ライブがありそれ以外に毎週スタジオに2時間入っていました。ライブの日は丸一日潰れてしまいます。これだけでも就職して活動を続けるのは、なかなか大変なことです。大体のバンドが年齢を重ね、仕事や家庭に追われ解散していきます。ずっと活動を続けていくには、やはりメンバーとの人間関係、そのバンドの活動スタイルに自分の生活スタイルが合っているか、もしくは合わせていけるかが大事ですね。

 

私は高校卒業後バンドを続ける為、収入は一切諦めアルバイトをしながらバンド活動を続けてきました。両親には本当に心配かけたし、凄く肩身の狭い思いをさせただろうと、申し訳なく思います。親戚や知人に「息子さん今どうしてるの?」なんて聞かれて「アルバイトしながら音楽活動してるんです」と答える親を想像すると本当に切なくなります。しかし申し訳ない気持ちの反面、全く不安も焦りもありませんでした。それは何故かと言いますと、自分の活動する範囲に自分と同じような社会的にみればクズと言われるような輩が沢山いたからです。下をみて安心するクズ中のクズですね(笑)

 f:id:kaishounasi:20170327130146p:plain

 

ライブハウスとの付き合い方

 

バンド活動を続けて行く上で最も重要な拠点となるライブハウスのはずですが、注意したい点が一つ。バンドには出演一回につきノルマ(場所により値段はまちまち)というものが発生します。その時点でバンドとライブハウスの関係は

 

「売り手とお客様」

f:id:kaishounasi:20170327130640p:plain

 

これ意外と解っていない人が多いと思います。ライブ終了後にノルマの清算をするのですが、その日の動員やら演奏がどうだったとかをブッキング担当の方と話しながら清算を行います。例え動員が少なくても演奏がウンコでもそこまで追求されません、むしろ褒めてくる人の方が多いです。何故なら売り手側が「お客様」を不愉快にさせる事はまずありません。清算の最中、虎視眈々と店員さんは「ある質問」をするタイミングを狙っています。褒められて気分が良くなっている所へ、畳み掛けるように

 

「じゃあ次はいつにします?」

 

 

きたー!ライブハウスという物はスケジュールを埋めてなんぼの世界。適度に褒められてからのこの振りは断れないんです。なのでライブハウスとはある程度の距離を置き、付き合うのが良いかもしれません。仲良くなって本音で話せれば心強い存在なんですが、本気で親身になって話してくれるライブハウスの店員さんを見つけるのって凄く難しいと思います。

 

 

はい、とまあ負け犬のクズの意見なので話半分に読んで頂けたら幸いです。ライヴハウスも余裕の無い(儲かってなさそうな所)ハコは露骨に上の様な戦略をとってきますが、それなりにバンドの出演が埋まっているハコは結構思っている事をしっかり伝えてくれる方もいます。

 

長々読んで頂き有難うございました。

 ※実際は漫画の様に上手くいきません

kaishounasi.hatenablog.com