サルでも書けるブログ教室

タイトルに教室とありますがブログの書き方を教える訳ではありません。むしろ私が教わりたいくらいです

介護という仕事を5年続けて感じた、いじめとパワハラと離職率の仕組み

グループホームという施設で介護の仕事を始めて5年が経ちました。

f:id:kaishounasi:20170330132240p:plain

現場で実際に働いてみて思ったことは、思った以上に仕事自体はきつくないという事です。私の勤めているグループホームの待遇が他に比べて良いか悪いかは実際に比べた事は無いのでハッキリとは言えませんが、残業は1時間程度(残業代はもちろん出ません)月に休みは8~9日有り、自分の時間も作ることは出来ます。今騒がれている「残業は月に45時間まで」「繁忙期は100時間まで」なんて話題を聞くと今自分が置かれている現状がどれほど楽な環境なんだろうと思ってしまいます。

 

 

それなのに何故介護士の離職率は高いのでしょうか?

f:id:kaishounasi:20170330133102p:plain

それはやはり給料が安いからというのもありますが、求人募集が多いので、ある程度経験を積めば「どこでも雇ってくれる」と余裕の気持ちが生まれるのだと思います。その余裕から、ちょっとでも嫌な事があるとすぐに辞めてしまう傾向にあると思います。「ここよりもっと良い職場があるはず」なんて求人広告を検索したり、休日を利用して他施設に面接を受けに行ったりしている同僚の話をよく耳にします。私も気持ちは解らなくないですが、隣の芝は青く見えるというように結局は「どこに行っても大差はないだろう」というのが私の見解です。

f:id:kaishounasi:20170330133352p:plain

他施設で働く友人や知人と仕事の話をすると、どの人も口を揃えて「キツイ」「人がいない」なんて話になります。それ位介護の現場はどこも人手不足なのです。現在一般企業も人手不足になりつつあり、このままでは人材確保という競争に圧倒的に弱い介護業界は一層厳しい戦いを強いられる事になるでしょう。外国人を介護士として雇用しようとする動きがありますが、これは完全にふざけた話です。介護の現場で一番大切なコミュニケーションが、いきなり日本に来た片言の外国人に出来るとは思えません。人にはそれぞれ長年培ってきたものがあり、日本人だったら日本の文化や常識、それも地域によって様々で、これらを理解する事は同じ日本人でも難しい事です。寝たきりで物言わなくなった老人相手なら言葉なんて要らないと考えているのでしょうか?人間は体が動かなくなり亡くなる間際まで聴覚は残ると言われています。安い賃金で雇えるという安直な考えは止めて考え直してほしいです。

 

人間関係は史上最悪(私史上)

 

私の勤めている職場を客観的にみて思う事は、人間関係が非常に悪いです最悪です。極悪同盟の様な二人が存在しています。職場は殆どが女性で形成されており絵に描いたような女性社会です。 

f:id:kaishounasi:20170330134725p:plain

幼稚ないじめやパワハラが日常的に行われていますが、上司は辞められることを恐れてか見て見ぬふり。しかしブルとダンプ(この二人は仲が良い)は新人にかなり当たりが強く、入社して長いと1~2ヶ月短いと1~3日位で辞めてしまいます。庇ってあげられない私も悪いのかもしれませんが、いじめる理由が「生理的に受け付けない」という小学生並みの理由だから話になりません。因みに新人が来ると毎回絶対「生理的に受け付けない」というセリフを聞きます。100%ですよ?貴方たちを中心に地球は回ってませんから(笑)。この5年の間に少なくとも、極悪同盟のせいで20人は辞めていったと思います。もう本当にこの二人が居なくなってくれた方がよっぽど職場環境は良くなると思うのですが、それに上司は全然気づきません。一回進言したら私が影で悪口を言っているという事になり諦めました。今現在他ユニットから応援が来てなんとかギリギリ回っていますが、既に応援スタッフから極悪同盟に対して不満の声が上がっており緊迫した空気になっています。本当にもう限界なんです…今月の私の夜勤8回!(通常4回程度です)

f:id:kaishounasi:20170330134424p:plain

現在そんな状況なので入居者に対するサービスはかなり「お座なり」なものになっています。入浴も本当は週2回なのに1回しか入れないとか、ケアプランでは散歩に行く事になっているのに全く行けていなかったり、事業所としては滅茶苦茶としか言いようがありません。先日「外部評価」という毎年1回ある外部の人間が施設の様子をチェックしに来るという緊張感あふれるイベントがあったのですが、彼らの目も節穴です。こんな滅茶苦茶な状況を見抜けない様じゃ外部評価なんてやる意味ないです。

 

虐待の定義

 

f:id:kaishounasi:20170330135448p:plain

虐待という言葉を聞いてどんな事を想像しますか?最近ではネグレクトという言葉も一般的に浸透していて「ほったらかしにするのも虐待になる」という事が常識になっていると思います。身体的な虐待はありませんが、心理的虐待は正直言いたくはないのですが私の勤める施設でも行われていると思います。私がヘルパー2級の資格を取得した際に習ったことは「命令してはいけません」「相手の気持ちに寄り添って」「否定してはいけませんよ」という普通の事です。こんな当たり前の事「???」という気持ちでした。しかし実際働き始め看護師の声の掛け方に驚きました。「はいお茶飲んで!」「はい、これ食べる!」「トイレさっきも行ったろうが!」「寝ないで!そんなんだから夜ねられんの!」「危ない!ここ座っとき!」とまあまだまだあるのですがキリがないのでこの辺にしておきます。極悪同盟の声かけなのですが、正直5年間で何回も「録音して役所持っていくぞこの野郎」って密かに何回も考えました。こちらの都合で老人達を動かそうと急かしたり命令したり否定したりとんでもないです。しかしそんな職場にいると自分も毒されそうになるので、しっかりと意識して虐待しないよう頑張りたいと思います。実際他のスタッフの声かけも極悪同盟につられて段々荒々しくなってしまっているように感じます。虐待には通報義務というものがあります。発見者は虐待の疑いがあると思っただけで通報しなければいけないという決まりです。しかしこの様な話を他施設で働く友人にすると「うちでも同じような事があるよ」とみんな口を揃えて言います。日本全国言いたくても言えずにいる方ってかなりな数いるのではないでしょうか。

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ  ポイズン(笑)

 

 

先日の外部評価で評価者の方からこんな質問がありました。

 

「今お勤めの施設にご自分の両親を入居させたいと思いますか?」

 

笑顔で「はい」と答えましたが、腹の底では

 

「絶対に入居なんてさせたくないです」

と思っていました。